読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

お気に入りのドラマ「ごちそうさん」

実は杏さんあまり好きじゃなかったです。

ドラマを見てても「他の人だったら」と長いこと思っていました。

 

連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]

 

でも、Podcastの「杏のanytime andante podcast」を聞いて、

ようやく彼女の魅力に気がつきました。

 

杏さんの声は暖かいです。

突然声を張り上げることも、甲高い声をあげる事もなく

聞いていて安心します。

 

これはもしかして「癒し」でしょうか。。

彼女を妻にした東出さんは幸せ者です。

 

話が逸れました。。「ごちそうさん」ですね。

 

ごちそうさん」は今になってみると、

杏さんの魅力がすべてだったなと思います。

 

父親はレストランを経営(コック)しています。

主人公は父親の作る料理やお菓子を「美味しい」という以外に取り柄の無い子です。

両親は娘の行く末をとても心配しています。

 

「xx以外に取り柄の無い子」

というのは、映画「My Brilliant Career」でも同じ設定でした。

主人公が成長していくのを描く、これは永遠のテーマなのかもしれません。

 

garlands.hatenablog.com

 

心配した親は、学生を下宿人として迎え入れます。

最初は反発しあっていた二人。

 

でも、ここで主人公に一大変化が訪れます。

今まで「美味しい」と味わうことしか興味の無かった人が、

人に「美味しい」と言わせたいと思うようになります。

 

今までぼーっと生きてきたのに、猛烈に料理の勉強を始めます。

 

その主人公が変化が二人の距離を縮め、

あーっという間に二人ゴールインします。

 

そーなんだよね。

人を好きになった時に自分は変わったよなと。

それが結婚への道を開くことになるよね。。

 

でも結婚することで、

父親のレストランで、いつも「美味しい」と言っていたお嬢さん。

という漫画チックな状況が終わり、

夫には仕事、彼女には家庭と、どこにでもある風景になったのはとても残念です。

 

やがて、戦争が始まり、夫も出征していきます。

国防婦人に燃えていた主人公も蔵以外は全部焼けてしまいました。

 

終戦、それは食べるものが何も無い時代。

ところが、主人公は町の子供たちに惜しげもなく食べ物を分け与えます。

 

ありえない。絶対生きていけない。

あなたがやるべき事は家族を守ること!

 

と、その時は思いましたが、

今は杏さんの個性もあって、美しいことと思うようになりました。

 

そんな楽天的な主人公ですが、

いつまでも帰ってこない夫にプッツんと切れて泣き出します。

 

死んじゃったの?

 

目の前を豚を追いかけて走り抜ける人影が。。

今のは。。

 

感動のワンシーンでした。

 

 スポンサーリンク