感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

Macの英語版キーボードと日本語版の違いをチェック

わたしの近所は結構、雷が落ちます。 

昔は呑気なもので、雷が鳴り出すとベランダに出て見学などしてました。

 

ところが、いつものようにベランダで見学していると。。

目の前に落雷。。

 

さすがに命の危険を感じ、次からは窓を開けて見学していました。

すると今度は、落雷でスマホのmicroSDがやられました。

 

それからは、雷が鳴り出しても窓越しに眺めるだけにしていました。

すると今後は、近くの電信柱の変圧器に雷が落ちて、周囲一帯が停電しました。

変圧器はメラメラと燃えて、消防車が出動する騒ぎに。。

 

家に雷が落ちて、家電からボイラーに至るまでやられ、一式買いなおした話も聞きました。

 

それ以来、雷に対して警戒するようになり、

電源タップは雷サージ対応ですし、雷が鳴り出すとMacの電源も落とします。

TimeMachine用のHDは隔離します。

 

今日の午後、冬の嵐と共に雷が鳴り出しました。

いつもの様にMacの電源を落とし、

嵐が通り過ぎてからMacの電源を入れると。

 

<b>キーボードが認識しない。。</b>

 

<b>電池入れなおしてもだめ。。</b>

 

このキーボード(MagicKeyboard)は、3年前にMacminiと一緒に購入したたのものです。

開発用だったので英語MagicKeyboardを選んでいます。

 

Macminiは2年ほどで死亡(HDをSSDに換装して生き返りました)し、iMacに買い換えましたが、キーボードはずっと使い続けてきました。

 

今この文章を打っているのは、iMacに付属の日本語版キーボードです。

同じキーボードでも英語版と日本語版でキーのレイアウトが違います。

では、どのくらい違うのか調べてみました。

 

上が英語版、下が日本語版のMagicKeyboard (最新)

f:id:garlands:20161026174322p:plain

 

違いを挙げてみると、 

・(赤)ホームポジションのAからLから、(オレンジ)returnキーの距離が遠い

・(赤)ホームポジションのAからLから、(紫)deleteキーはさらに遠い

・controlと(空色)capsが入れ替わり

・(黄色)fnが左端から右に

・commandの位置がXキーに比べて左に移動(青線)

・日本語と英語切り替えは、英語版は command + space、日本語版はかな

・;:+*_~^[]{}"~=()'&%"等は配置が違う

・日本語版は¥と英語版は逆スラッシュ

 

 

日本語キーボードを辛抱して使って慣れようと思っていましたが、

まとめてみて諦めました。

これはダメです。

 

なお、最新のMagicKeyboardだとAppleのサイトでしか買えなくて高いです。

旧型MagicKeyboardの方がリースナブルです。

 

スポンサーリンク