読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

お気に入りの映画 「インターステラー」

映画

虚空の宇宙に漂う一隻の宇宙船。

その目的は1つ。

雑念の入る余地はありません。

それが、SF映画です。

 

SF映画「インターステラー」では、

地球は変わり果てた姿となっています。

 

インターステラー(字幕版)

 

人々は飢えに苦しみ、

かつての科学技術の輝きは失せています。

 

そんな彼も、かつては宇宙飛行士だったのに、

今ではトウモロコシ畑の農家です。

 

f:id:garlands:20161025014639j:plain

 

彼は実直な息子と、英才の閃きを見せる娘を残して、

人類を救うために宇宙に飛び出していきます。

 

目的地は、土星の軌道上に現れたワームホール

そこから、人類の新しい故郷となる惑星求めて、別の銀河へ旅立つのです。

 

光すら飲み込むブラックホール

光が脱出できない境界線は「事象の地平線」と呼ばれ、

その先は人知を超えた世界です。

 

人類が地球を飛び立つには重力の謎を解き、

巨大な宇宙ステーションを飛び立たせる必要があります。

 その鍵は、ブラックホールの「事象の地平線」の向こうにあると言われています。。

 

f:id:garlands:20161025014616j:plain

 

この映画「インターステラー」は、最新の宇宙科学の要素を詰め込んだ、

最新のSF映画です。

でも、この映画のすごいところは、これだけSF要素やCG満載なのに、

濃いぐらいの人間のドラマになっていることです。

 

もう、伝説の映画「2001年宇宙の旅」のことは忘れてください。

映画「インターステラー」は間違いなく、現時点で最高のSF映画です。 

 

この映画は雑念が入らないように、深夜の時間に男一人で見てください。

彼女・家族と一緒に見て、共感しようとは思ってはいけません。

 

父の娘への愛と献身。

映画「アルマゲドン」と共通するこのテーマは、

男にしか理解できないからです。

 

もし、ついうっかり、彼女・家族と一緒に見てしまったら。。

彼女達が寝てから、こっそり一人でもう一度見ましょう。

 

男なら、この映画は泣きます。

 

ところで、この映画には今まで見たことのない無骨なロボットが現れます。

いつも、TARSしか語られませんが、わたしはCASEの方が好みです。

「Learn from the master」

 

 

スポンサーリンク