読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

お気に入りのドラマ 「逃亡者」(The Fugitive)

ドラマ

デービッド・ジャンセン主演の全米大ヒットのヒューマンドラマです。

日本でのナレーションは宇宙大作戦とカーク艦長の声優を務めた矢島正明さん。

 

f:id:garlands:20161013155417j:plain

 

このドラマでオープニングに裁きの神(天秤座)の銅像が出てきます。

ナレーションで「正かるべき正義も時として盲目いることがある」。

確かに、女神は目隠しをされています。

 

「正義が見えないのは目隠しをされているからだ」 思ったものです。

でも、裁きの女神は見た目で不公平な裁きをしないよう、目隠しをしているそうです。

 

ドラマの設定は、妻を殺しの汚名を着せられ医師リチャード・キンブルが、逃亡生活を続けながら、現場で目撃した片腕の男を追い求める。です。

各話はアメリカ各地で、キンブルが現地の人たちに助けられながら、逃亡と追跡の旅を続ける内容です。(毎回ハートフルです)

 

キンブル役のデービッド・ジャンセンは寡黙、やさしくて、男らしい。 

f:id:garlands:20161013155011j:plain

かっこいい。。

 

アメリカの高倉健という感じでしょうか。

違いは、高倉さんが犯罪を悔いた人を演じますが、

デービッドが演じるキンブルは、自らの潔白を証明するために片腕の男を追います。

復讐のためではないところが彼のやさしさです。

 

オープニングの音楽は聴くと毎回ゾクゾクします。

特別出演の俳優さんもいいです。特にダイアン・ベーカーさんとか大好きです。

f:id:garlands:20161013014836j:plain

(映画マーニーの時からファンです)

 

全話見たことはありませんが、暇ができたら是非とも最初から見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク