感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

お気に入りのドラマ 「宇宙大作戦」(Star Trek)

有名なSFドラマの古典です。

 

当時、日本では宇宙戦艦ヤマトイスカンダルへ旅していましたが、

アメリカではエンタープライズで宇宙の辺境を科学調査していました。

 

f:id:garlands:20161013160058j:plain

 

同じSFのカテゴリですが、考え方、スケール感で圧倒的な差があります。

 

斬新で快適な宇宙船エンタープライズとワープ航法。

f:id:garlands:20161013160440j:plain

人を一瞬で惑星上に転送する転送装置。

艦長が先頭になってチームとして動くメンバ。

敵と戦っている時の冷静な判断(全速後退)。

バルカン人の性格付けの巧みさ(冗談を理解できない彼に毎回冗談を言う)。

現地惑星の魅力的な女性たちと哀しい別れ。

 

f:id:garlands:20161013160236j:plain

 

惑星の軌道上を周回するエンタープライズは、各話の終わりに新たな星に旅立ちます。

惑星の軌道の離脱から、惑星が彼方に消え去るまでのスピード感が、銀河の辺境を旅するスケール感とマッチしていて、SFマニアを唸らせます。

 

宇宙戦艦ヤマトでは科学的裏付けが皆無、感情優先など不満な点が多々ありましたが、このドラマではすべて解消されています。

 

最新作のスタートレックの映画は、CGとアクションを多用した落ち着きの無い映画で、好き嫌いが別れます。

でも、このオリジナルの「宇宙大作戦」は、(当時のアメリカのドラマ共通の)人間のドラマに仕上がっています。

SFは嫌いだという方も一度見ては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク 

 

ちなみに、とある動画サービスでも観れるようになりました。