読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想&パスタ

思いつくまま感想を書いて、パスタを食べる日々

お気に入りの映画 「インサイド・ヘッド」 ジブリの終焉とピクサーの凄さを痛感

映画

人は衝動の生き物として生まれ落ちます。

お腹が空いた、痛い、嬉しい。

 

そんな、翳りのない人生に少しづつ、

困惑、悲しみ、怒りの出来事が差し込んできます。

 

それらの出来事は経験として、

事あるごとに人の脳裏をかすめ、

人の判断を左右します。

 

f:id:garlands:20161116132732j:plain

 

「イン・サイド・ヘッド」(Inside Out)は、

そんな人の思考を、

頭の世界に、喜び、悲しみ、怒り、困惑のキャラ達が制御し、

日々の記憶は長期記憶保存(ロングタイムメモリー)に保存していると描きます。

 

今までにない斬新な捉え方はファタジーと言うよりも、

SFと言って良いかもしれません。 

でも、このアニメ映画のテーマはあくまでもヒューマンです。

 

 

命の終わり

 

 子供達は言葉の上では「命の終わり」を知っています。

そんな子供達もいつかは、お祖父・お祖母さんの死とという形で、

真の意味の「命の終わり」に出会います。

 

この映画は大人だったら知っている人生の残酷な面、

「命の終わり」も表現しています。

 

「命の終わり」に直面したことのない子供達には、

少し衝撃度があるかもしれません。

映画館でも途中で「子供が泣き出して退場した」という

逸話も聞きます。

 

f:id:garlands:20161116132902j:plain

 

「命の終わり」を知っている大人は、

大事なことは「命の終わり」を恐れるのではなく、

「信念を全うする」ことと勇気付けられます。

 

 

不撓不屈が人生を切り開く

 

子供達は成長すると、さまざまな苦難に直面します。

それは、敗北だったり、試験の不合格などさまざまです。

 

困難や敗北は、人が成長するためには必要な経験ではありますが、

時に、人生の方向を変えてしまうことすらあります。

 

f:id:garlands:20161125114722j:plain

 

そんな危機に対処する智恵と勇気を、

この映画は最後の最後に、

強烈なまでに見せてくれます。

 

 

大人から子供まで

 

この映画は、子供には人生を生きる上での勇気を、

大人には、 人生を振り返って深い感慨をもたらしてくれる映画です。

 

この映画を見て、あージブリの時代は終わったな。。

と感じました。

 

ジブリの映画には子供達へのメッセージが漠然としています。

特に最近は「何もない」ことすらあります。

 

一方、このピクサーの映画からは強烈なメッセージを感じます。

このメッセージは、大人に成長してから思い起こされ、

人の人生を左右するかもしれないものです。

 

 

最後にもう1つ、

子供は育っていく過程で、

親の期待を裏切る行為をするかも知れません。

 

f:id:garlands:20161129215747j:plain

 

でも、どんなことがあってもです。

決して、子供を追い詰めてはいけません。

親は子供の最後の味方ですし、

味方であるべきです。

 

この映画でそう再確認しました。 

 

 

この映画はお気に入りで、家族で見た後に一人で何回も見ています。  

演技力に差がありますので、吹き替え版ではなく、字幕版で観ることをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インサイド・ヘッド MovieNEX [ エイミー・ポーラー ]
価格:3542円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)


 

 

 

お気に入りの小説 「ダークエンジェル」 死と言うものは。。

小説

「ダークエンジェル」と言っても、アメリカのドラマの話ではないです。

メレディス・アン・ピアスさんのファンタジー小説です。

 

翻訳の文庫本は既に絶版となっていて、もう少しすると読めなくなるでしょう。

 

昔、小説を書くことは「後世に名を残すこと」と言われました。

現代では、書店の書棚のスペースから漏れたものは絶版となり消えていきます。

デジタル化されても、膨大なデジタルの山の片隅にポツンと置かれ、

ユーザの視界からは消えていくことになります。

 

19世紀には考えられなかったことかも知れませんが、

今は、小説がどんどん死んでいきます。

 

 

さて、「ダークエンジェル」。。

 

主人公は年上の美しい女主人に奉公している少女です。

その女主人がイカルス(吸血鬼)にさらわれます。

 

吸血鬼は綺麗な女を花嫁にして殺すと言われています。

主人公は吸血鬼に復讐をするために向かいます。

 

ところが、飛んできたイカルスはクリスタルのように美しい青年でした。

あまりの美しさに復讐の手がとまり、

「わたしもあなたの花嫁になるのですね?」

 

ところが、イカルスは冷たく笑い。

「おまえは醜すぎる。わたしの花嫁たちの小間使いにする」

魂を失って亡霊となった花嫁たちとの生活が始まります。

 

そんな彼女も年が経ち、美しく成長します。

イカルスは「お前は美しい、わたしの花嫁にする」

と言います。

 

彼女は自分で花嫁衣装(死装束)を用意して、

亡霊たちに「今夜、あなたたちを自由にするため戦います」

と告げます。

 

。。

 

 

この作品で、わたしに死を

「忘却して天に昇ること」

 

死んでも俗世界に執着することは、

自分では「解決できない輪にはまること」。

 

と悟りました。

 

スポンサーリンク

 

 

昔、よく空を飛ぶ夢を見ましたが。。

 

下を飛ぶと、属性とのつながりが強く、

高く飛ぶと、俗世界との繋がりが弱くなりました。

 

さらに高く飛ぶと、

明るく輝くひかりがあまりにも幸せすぎて

そちらに飛んで行きたくなる。。

 

「死」と言うものは、こんなものなのかなと。。

私の中では整理しています。

 

 

わたしは宗教家ではありませんが。。

 

「死」は誰にでも均等に漏れなく訪れるものです。

「死」に直面して悩んでいるかたがわたしのつまらない話で、

気持ちが軽くなって頂ければ幸いです。

 

 スポンサーリンク

ダークエンジェル

 

 

 

お気に入りのドラマ「ごちそうさん」

ドラマ

実は杏さんあまり好きじゃなかったです。

ドラマを見てても「他の人だったら」と長いこと思っていました。

 

連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]

 

でも、Podcastの「杏のanytime andante podcast」を聞いて、

ようやく彼女の魅力に気がつきました。

 

杏さんの声は暖かいです。

突然声を張り上げることも、甲高い声をあげる事もなく

聞いていて安心します。

 

これはもしかして「癒し」でしょうか。。

彼女を妻にした東出さんは幸せ者です。

 

話が逸れました。。「ごちそうさん」ですね。

 

ごちそうさん」は今になってみると、

杏さんの魅力がすべてだったなと思います。

 

父親はレストランを経営(コック)しています。

主人公は父親の作る料理やお菓子を「美味しい」という以外に取り柄の無い子です。

両親は娘の行く末をとても心配しています。

 

「xx以外に取り柄の無い子」

というのは、映画「My Brilliant Career」でも同じ設定でした。

主人公が成長していくのを描く、これは永遠のテーマなのかもしれません。

 

garlands.hatenablog.com

 

心配した親は、学生を下宿人として迎え入れます。

最初は反発しあっていた二人。

 

でも、ここで主人公に一大変化が訪れます。

今まで「美味しい」と味わうことしか興味の無かった人が、

人に「美味しい」と言わせたいと思うようになります。

 

今までぼーっと生きてきたのに、猛烈に料理の勉強を始めます。

 

その主人公が変化が二人の距離を縮め、

あーっという間に二人ゴールインします。

 

そーなんだよね。

人を好きになった時に自分は変わったよなと。

それが結婚への道を開くことになるよね。。

 

でも結婚することで、

父親のレストランで、いつも「美味しい」と言っていたお嬢さん。

という漫画チックな状況が終わり、

夫には仕事、彼女には家庭と、どこにでもある風景になったのはとても残念です。

 

やがて、戦争が始まり、夫も出征していきます。

国防婦人に燃えていた主人公も蔵以外は全部焼けてしまいました。

 

終戦、それは食べるものが何も無い時代。

ところが、主人公は町の子供たちに惜しげもなく食べ物を分け与えます。

 

ありえない。絶対生きていけない。

あなたがやるべき事は家族を守ること!

 

と、その時は思いましたが、

今は杏さんの個性もあって、美しいことと思うようになりました。

 

そんな楽天的な主人公ですが、

いつまでも帰ってこない夫にプッツんと切れて泣き出します。

 

死んじゃったの?

 

目の前を豚を追いかけて走り抜ける人影が。。

今のは。。

 

感動のワンシーンでした。

 

 スポンサーリンク

お気に入りの小説「冬物語」(The Winter Player)

小説

わたしの好きな言葉は「ストイック」です。

 

社会に出て苦労しているうちに、

苦労している人・努力している人・手抜きをしない人を美しいと感じるようになりました。

 

さて、「冬物語」の主人公は海岸の村にある祭殿を守る巫女です。

 

「彼女は暖かく群れ集う事も、子もなす事も無い。

彼女は羊ではなく、羊飼いなのだ」

 

f:id:garlands:20161103111514j:plain

 

こんなに若いのに、

代々の巫女の権威と知識を担って、

祭殿と村を守っていく。。

 

この辺りから、ガビーンと響いてきます。

 

 

異郷の地からやってきた男と対決する主人公。

男を追跡するため、祭殿での平穏な生活を後にして、

彼女自身にとって未踏の世界である、背後の山に踏み入る決意をします。

 

主人公は追跡の旅の出立の準備を整えながら、

祭壇のお勤めを村の女たちに託し、

織っていた布の端糸を止めます。

 

果たして、自分がその立場にあった時に、

同じ判断をできないかも知れません。

追うと決断した後も、今までの作業の手も止めない主人公の

ストイックさも心に響きます。

 

 

ファンタジー小説作家タニス・リーはお気に入り作家ですが、

その中でも「冬物語」は一番好きです。

 

この「冬物語」が収められた文庫本には、

「アヴィリスの妖杯」も収められています。

 

こちらの主人公は、

戦場で死んでいった若い部下と約束を果たそうと、

とことん追い詰められながら、

最後の最期まで努力する。

彼の行動はストイックそのもの、美しいです。

 

 

宇宙に旅立つなら「信ぜざる者コブナント」の全6冊シリーズを持って行きますが、

出張に1ヶ月行くならこの文庫本一冊です。

 

冬物語 (ハヤカワ文庫 FT 43)

 

ここまで、書きながら。。

作者タニス・リーさんは去年なくなっていました。

タニス・リー - Wikipediaによると、

彼女の著書の翻訳は殆ど絶版になっているとか。。

 

これだけの名書の訳本が消えていくとは、

やはり、グローバルレベルの英語はマスターすべきですね。。

 

 

お気に入りの映画 「プライドと偏見」

映画

大好きなジェイン・オースティンの小説「自負と偏見」。

それを思い出させてくれた映画が「プライドと偏見」です。

 

f:id:garlands:20161030035040j:plain

 

冒頭、エリザベスが歩きながら本を読むシーンで始まります。

彼女は他の姉妹たち違い書物を読みます。彼女の判断は父親も一目をおいています。

後でダーシーが自分の理想の女性像を語る時にピンとくるので要注意です。

 

集会場みたいなところで、大勢の人たちに紛れて主人公や姉妹たちが踊るシーンは圧巻です。

画面全体から、楽しい熱気が押し寄せてきます。

俳優さんたちも心底楽しそう。

撮影が長引いたら、倒れそうなくらい。。

 

ビングリーの邸宅ネザフィールドで開かれる舞踏会での、エリザベス(キーラ・ナイトレイ)はとても綺麗。

エリザベスが歩き回るシーンのカメラワークは秀逸です。

 

ただ、舞踏会のシーンでは、監督は俳優の足音すら極力しないようにしたらしく。

BBCのドラマ「高慢と偏見」のような床の軋む音はなく、リアリティに欠けます。

 

 

この監督のこだわりが光る点は幾つかあります。

 

手持ちカメラの多用

 人の視線に近い自然な映像を見ることができます。

 ダンスホールに着いた後のカメラワークは秀逸です。

 このシーンは、監督の解説音声でも見てください。

 

姉妹の打ち解けあった感じ

 撮影の前日に1日使って、撮影に使う屋敷で鬼ごっこを行い、

 俳優同士の硬さを取り去ったそうです。

 確かに映像の中の姉妹は他の映画にない親しさを感じます。

 

自然な光と色合い

 全般的に優しい色合いです。光も暖かい。

 舞踏会に向けて準備している姉妹とか、小間使いとか。

 絵画のような美しさです。

 

有名・青春映画のような演出

 エリザベスが姉とベットでひそひそ話のシーン

  この時代は1つのベッドに姉妹で寝るのは普通のことでした。

  作者のジェイン・オースティンも姉と一緒に寝ていたそうです。

  

 エリザベスがジェーンのお見舞いに行くシーン

  今までの映画ではただ単に「お転婆」として扱われてきました。

  でも、彼女の優しい人柄を表す大事なシーンです。

  この映画で初めてきちんと表現できていました。

 

 エリザベスがピアノを弾くシーン

  f:id:garlands:20161030121039j:plain

  下手くそなエリザベスの演奏がいいです。

  そのまま次のシーンにつながるのもグッド。

 

 エリザベスが一人で手紙を書いているシーン

  羽ペンのペン先からシーンが始まります。

  たぶん、どこかの映画を参考にしたようなシーンです。

  とても、美しい。

 

 エリザベスが放心状態になった時

  自分の判断が間違っていたことに落ち込むエリザベスが放心状態に。。

  子供のころ、理不尽な怒りを親兄弟にぶつけた後に、

  一人で後悔している時はこんな状態でした。とても共感します。

 

 ダービシアで心が解放されたエリザベス

  丘の上に立ってそよ風を感じるエリザベスが気持ちよさそう。

  たぶん、この映画で風を感じさせるシーンが他になかったので、

  そう感じるのかもしれません。

 
 ジェーンの結婚が決まった時のエリザベスの寂しさ

  姉が幸せになることは嬉しいこと。

  でも、それは姉が巣立って行くことになります。

  特に二人は今まで1つのベッドで寝ていた訳ですから、

  否応なしに子供時代と別れを告げることになります。

 

  映像を見た時のわたしの勝手な解釈ですが、

  こんなシーンを演出する監督は、

  若い頃の繊細な心使いをまだ覚えているんだなと感心します。

 

 エリザベスが父親に了解を求めるシーン

  小説ではニヤリとする大事なシーンですが、

  この映画では、父親の愛をとても感じることができます。

 

 

良くない点も残念ならが幾つか有ります。

 

寝巻き姿のダーシー

 DVD・BlueRayのパッケージの寝巻き姿のダーシーはダメ。

 この時代にそぐわないです。

 

 

 

プライドと偏見 [DVD]

 

ぎこちない姉ジェーンとビングリー

 姉ジェーン役のロザムンド・パイクと、ビングリー役のサイモンズ・ウッズ。

 二人は私生活で恋人でしたが、撮影直前に別れたばかりでした。

 映画の中で二人には妙な緊張感があって、好き合っている二人に見えません。

 

米国版のラストシーン

 米国版のラストシーンは監督に無理やり追加させたらしいです。

 この米国版のラストシーンは絶対見ないことをお勧めします。

 

舞踏会の着替えシーン

 エリザベスの姉ジェインが彼女の着替えを手伝いますが、

 姉ジェインの豊満な胸の谷間を強調しすぎ。。

 男の人が見たら漏れなく気持ちがそちらに行ってしまいます。 

 エリザベス役のキーラ・ナイトレイの欠点が胸が無いことですから、

 ここはあまり強調して欲しくなかった。 

 

 

時代考証はいろんなシーンで「ちょっと」な面もありますが

他の映画にはない、繊細に描き切った映画です。

 

ジェイン・オースティンのファンは一人で見ることをお勧めします。

複数の人で見ると、この繊細さに気がつかないと思います。

 

なお、この映画は監督の解説の副音声が素晴らしいです。

監督は映画のシーンを大事にして、そっと話してくれます。

 

他のDVD・BlueRayで監督の解説の副音声を聞いたことがありますが、

プライドと偏見」の監督の解説の副音声はとてもいいです。

映画が気に入った方は是非聞いてみてください。

 

 スポンサーリンク

 

 

お気に入りの映画「My Brilliant Career」(我が青春の輝き)

映画

主人公のシビラのピアノの演奏から始まります。

調子っぱずれだけど、とても活発で元気な演奏。

 

f:id:garlands:20161027161930j:plain 

 

何の取り柄がなく、目標もありません。

体は大人だけど、心は子供のまま。

野生児のようなシビラ。

 

彼女の家は貧しいので、裕福な母方の実家で暮らすことになります。

そこでの生活との落差に愕然としたシビラは、

母親が如何に苦労しているかを悟ります。

 

結婚相手を探すことが人生を決める。

そう悟った彼女は、叔母さんの指導の下で、

一人の娘として磨かれ、美しくなっていきます。

 

f:id:garlands:20161027162426j:plain

 

でも、かつての遊び友達が恋人へと変化していくことに、

大人になりきれないシビラは耐えられません。

 

彼女は自分の人生の見直すことから始めていきます。

 

 

シューマンの「子供の情景 1.見知らぬ国」

この調べが映画の中で何度も流れます。

 

ある時は明るく、

ある時は活発に、

そして、ある時は悲しげに。

シビラの人生そのものを表して。 

 

 

日本でも「わが青春の輝き」として上映されましたが、

今は海外版しか入手できません。

 

スポンサーリンク

 

なんと原作が翻訳されていました。 

 

Macの英語版キーボードと日本語版の違いをチェック

わたしの近所は結構、雷が落ちます。 

昔は呑気なもので、雷が鳴り出すとベランダに出て見学などしてました。

 

ところが、いつものようにベランダで見学していると。。

目の前に落雷。。

 

さすがに命の危険を感じ、次からは窓を開けて見学していました。

すると今度は、落雷でスマホのmicroSDがやられました。

 

それからは、雷が鳴り出しても窓越しに眺めるだけにしていました。

すると今後は、近くの電信柱の変圧器に雷が落ちて、周囲一帯が停電しました。

変圧器はメラメラと燃えて、消防車が出動する騒ぎに。。

 

家に雷が落ちて、家電からボイラーに至るまでやられ、一式買いなおした話も聞きました。

 

それ以来、雷に対して警戒するようになり、

電源タップは雷サージ対応ですし、雷が鳴り出すとMacの電源も落とします。

TimeMachine用のHDは隔離します。

 

今日の午後、冬の嵐と共に雷が鳴り出しました。

いつもの様にMacの電源を落とし、

嵐が通り過ぎてからMacの電源を入れると。

 

<b>キーボードが認識しない。。</b>

 

<b>電池入れなおしてもだめ。。</b>

 

このキーボード(MagicKeyboard)は、3年前にMacminiと一緒に購入したたのものです。

開発用だったので英語MagicKeyboardを選んでいます。

 

Macminiは2年ほどで死亡(HDをSSDに換装して生き返りました)し、iMacに買い換えましたが、キーボードはずっと使い続けてきました。

 

今この文章を打っているのは、iMacに付属の日本語版キーボードです。

同じキーボードでも英語版と日本語版でキーのレイアウトが違います。

では、どのくらい違うのか調べてみました。

 

上が英語版、下が日本語版のMagicKeyboard (最新)

f:id:garlands:20161026174322p:plain

 

違いを挙げてみると、 

・(赤)ホームポジションのAからLから、(オレンジ)returnキーの距離が遠い

・(赤)ホームポジションのAからLから、(紫)deleteキーはさらに遠い

・controlと(空色)capsが入れ替わり

・(黄色)fnが左端から右に

・commandの位置がXキーに比べて左に移動(青線)

・日本語と英語切り替えは、英語版は command + space、日本語版はかな

・;:+*_~^[]{}"~=()'&%"等は配置が違う

・日本語版は¥と英語版は逆スラッシュ

 

 

日本語キーボードを辛抱して使って慣れようと思っていましたが、

まとめてみて諦めました。

これはダメです。

 

なお、最新のMagicKeyboardだとAppleのサイトでしか買えなくて高いです。

旧型MagicKeyboardの方がリースナブルです。

 

スポンサーリンク